わずらわしさからの解放をISEE治療

aa

手術による視力矯正法には
選択肢があります。

手術による視力矯正法はレーシックが有名ですが、
もう一つが「眼内コンタクトレンズ」による治療法。
こちらは角膜を削らずに目の中に直接レンズを入れて近視や乱視を矯正します。
この治療法は、一般的に行われている白内障手術をベースに近視矯正法へと発展したものです。

監修:北里大学医療衛生学部視覚生理学 教授
神谷和孝先生

“ISEE(アイシー)治療”サイトでは、「眼内コンタクトレンズ」についての正しい知識をご提供し、近視や乱視に悩む方が自分に合った視力矯正法を見極めるお手伝いをします。

「眼内コンタクトレンズ」
の特長とは?

角膜を削らない視力矯正法
角膜は一度削ると元に戻せませんが、「眼内コンタクトレンズ」治療は角膜を削らないいわば足し算の視力矯正法です。
ドライアイが起こりにくい1
角膜を削らないため、
術後、ドライアイの症状が起こりにくいと言われています。
日中も夜間も見え方が良好2.3
さまざまな視力矯正手術の中で、日中も夜間も見え方が
シャープかつクリアであると言われています。
両眼20-30分程度で日帰り手術
手術時間は両眼20-30分程度。
その後検診を経て日帰りが可能です。
日々のメンテナンスは不要
一度施術したら、毎朝・毎晩の着脱の
手間やメンテナンスは不要です。
強度近視や角膜の薄い方
も施術可能
近視の方はもちろん、強度近視や角膜の薄い方でも
施術が可能です。
医師による
レンズの取り出しが可能
必要に応じて「眼内コンタクトレンズ」は医師によって取り出すことができます。
レンズを取り出せば手術前の状態に戻すことができます。
生体適合性が高いレンズ
現在では、生体適合性が高いシリコンやコラマーなどを素材としたレンズが広く使われています。

「眼内コンタクトレンズ」の種類は様々です。
中には紫外線をカットするレンズや
厚生労働省から認可を受けている
レンズもあります。
また最近のレンズはハローグレア現象が
起こりにくくなっています。
「眼内コンタクトレンズ」は、
レンズを入れる位置が異なる
「後房型」「前房型」の2種類があります。

後房型
  • 虹彩と水晶体の間にレンズを直接入れ固定
  • 縫合や抜糸は不要
  • 術後も瞳の外見や印象は変わらない
  • 1.点眼薬を投与
  • 2.小さな切開の作成
  • 3.レンズを挿入
  • 4.レンズを固定
後房型レンズ
前房型
  • 虹彩と角膜の間にレンズを直接入れ固定
  • レンズにより縫合や抜糸が必要
  • 1.点眼薬を投与
  • 2.小さな切開の作成
  • 3.レンズを挿入
  • 4.レンズを固定
前房型レンズ

納得できる、よりよい視力矯正治療を
受けるためには、あなた自身が
メリットとリスクをよく
理解・把握することが大切です。

診察の前に、まずは気軽に相談から。

必要な情報と、
自分の要望が整理できたら、
気軽にクリニックへ。
あなたに合った視力矯正法を
医師に相談してみましょう。
手術による視力矯正法は確立された治療法ですが、
リスクが全くないわけではありません。
術後に想定されるリスクについて不安や心配があれば
医師としっかり相談しましょう。
詳しくは、お近くの眼科クリニックで
お医者さんにご相談ください

「ISEE(アイシー)治療」は、近視や乱視などの悩みを持つ方が、
「よく見える!」「納得!」といった治療を受けられることを願いを込めてつけた名前です。

    眼内コンタクトレンズ治療は手術療法です。手術には潜在的なリスクが伴います。リスクの詳細については、ICL認定クリニックを受診して相談することをお願いします。非常に稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

References

  • 1:Naves, J.S. Carracedo, G. Cacho-Babillo, I. Diadenosine Nucleotid Measurements as Dry-Eye Score in Patients After LASIK and ICL Surgery. Presented at American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) 2012.
  • 2:Parkhurst, G. Prospective Comparative Trial of LASIK vs. ICL for Night Vision Performance. Presented at the Annual Meeting of the AAO, Chicago, 2010.
  • 3:Sanders D. Vukich JA. Comparison of implantable collamer lens (ICL) and laser-assisted in situkeratomileusis (LASIK) for Low Myopia. Cornea. 2006 Dec; 25(10):1139-46.
相談できる
眼科クリニック
を探す